素人投資家の株日記
派手な売買は無く、地道にコツコツと進めています
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

興奮と恐怖で売買すると、ろくなことがありません
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月12日 木曜日

本日の日経平均は、255円高の22187円になりました。
米国株は219ドル安の24700ドル。

「米国株について」
米中貿易摩擦が再燃して売り先行。徐々に下値を切り下げ、午後には安値となる256ドル安まで売られるところがありました。その後は一旦買い戻されるも、引けにかけて再び下落。

米国株 日中足チャート
180712d.png

米国株 日足チャート
180712d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.88%安、ナスダックは0.55%安、S&P500指数は0.71%安
主要3指数が揃って反落。

〇S&P500指数業種別騰落率
公益のみ上昇 0.87%高

下落率の高い順
エネルギー 2.15%安、素材 1.69%安、資本財 1.62%安

〇ダウ構成銘柄の動向
5銘柄が上昇、 24銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
ウォルト・ディズニー 1.90%高、ビザ 1.07%高、ウォルグリーン 0.73%高

下落率の高い順
シェブロン 3.19%安、キャタピラー 3.18%安、ダウ・デュポン 2.23%安

〇米中貿易摩擦が再燃
前日、トランプ政権が中国からの輸入品に対して2000億ドル(約22兆2000億円)相当の新たな関税リストを発表。これに対して中国は報復を表明。

日本時間の朝に発表され、警戒感から日本株が大幅に下落。次いで欧州も大幅安になりました。

〇意外と底堅く
日本と欧州の下げに対して、米国株の主要3指数の下げ幅は大きくありません。「値幅調整」で説明がつくような相場展開でした。

短期急騰で大きな節目となる25000ドル目前に迫ってい為、利益確定と戻り売りが出やすい状況でした。そんな時に関税リストが発表され、売りのキッカケになったのではないかと。
言い換えれば、米中貿易摩擦を警戒した売りが主因ではなく、単に売りのキッカケ。

〇下値抵抗が強い
下げたとはいえ、75日線、100日線、200日線を十分に上回っており、下値抵抗の強さあり。
180712d4.png

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24850ドルで、下値は24500ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
前日の警戒感と恐怖心が修正され、寄り付きは22000円を回復。一旦上げ幅を縮小させますが、10時30分から大口買いが連発すると22200円まで上昇。後場はほとんど動かず、高値揉み合いのまま255円高の22187円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180712j

日経平均 日足チャート
180712j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3081億円、売買高は11億9258万株。
値上がり銘柄数は1181、値下がり銘柄数は820、変わらずは98銘柄でした。

〇業種別
20業種が上昇、13業種が下落
上昇率の高い順
水産・農林、情報・通信、医薬品、精密機器、輸送用機器など

下落率の高い順
鉱業、石油石炭、非鉄金属、繊維、卸売など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
エーザイ 8.01%高、ソフトバンク 6.40%高、大日本住友製薬 4.49%高、ファーストリテイリング 3.82%高、キッコーマン 3.52%高

下落率の高い順
太平洋金属 3.94%安、千代田化工建設 3.68%安、JXホールディングス 3.61%安、国際石油開発帝石 2.87%安、日揮 2.29%安

〇警戒感と恐怖心の修正
前日は、追加関税による米中貿易摩擦懸念が売り材料となり、前場で452円安まで売られるところがありました。その後は買い戻され264円。
朝に報じられたことで冷静な判断ができず、警戒感と恐怖心でパニック的な売りが出た印象。AI による損切り設定ライン到達で売りが加速した可能性もあり。

その後、欧州市場は日本株と同じように下げますが、米国株は下げて終えるも日本と欧州に比べると底固い。
前日の日経平均は1.19%安。その後、イギリス(FTSE)1.30%安、ドイツ(DAX)1.53%安、フランス(CAC)1.48%安。これに対してダウ平均は0.88%安、ナスダックは0.55%安、S&P500指数は0.71%安となり、それほど下げていません。

米国株の底固さを受けて、前日の警戒感と恐怖心が少し修正されたと考えています。
貿易摩擦問題は全く解決しておらず引き続き注意が必要。よって「少し修正された」程度だと思っています。

前日に書いていた内容をもう一度
興奮と恐怖で売買すると、ろくなことがありません。
~ ここから ~
〇投資をする上で危険なこと
急騰すると興奮する投資家が増えてきます。逆に急落すると恐怖を感じる投資家が増えてくる。
投資をする上で危険な事の一つに「冷静さを失う興奮と恐怖」があります。
株価の急騰と急落に振り回されないよう、注意したいこところです。また、振り回されない投資法で進めていくことも重要だと思い続けています。
~ ここまで ~

昔の私は情報に一喜一憂して売買することが多くありました。
強気解説が多くなり強い雰囲気になれば、強気になって買い付ける。
弱気解説が多くなり弱い雰囲気になれば、弱気になって損切り。

結果は、買ったところが天井近し、売ったところが底近し。
このようなことが多々あり、滅入ったこと数知れず。

でも、これは普通の心理と普通の行動です。
でも、投資では負けることが多くなります。

逆にすれば良いわけではありませんし、そう簡単にできるものでもありません。
そんな時は、一喜一憂せずドンと構えてじっくり検証。そうすることで、少し見えてくることもありますよ。

〇円安も追い風に
およそ半年ぶりとなる1ドル112円台まで円安進行。
円安は輸出関連にとって追い風。「円安株高、円高株安」と言われるように、連動性が高いです。
日経平均採用銘柄では、円安メリットの自動車株が全て上昇しました。

〇内需関連が強い
米中貿易摩擦がくすぶる中、外部環境の影響を受けにくい内需関連(ディフェンシブ関連)の上昇が目立ちました。
日経平均採用銘柄でも、上昇率上位に内需関連が並んでいます。

〇日経平均225円高ほどの強さは感じず
日経平均採用銘柄では、値上がり117銘柄に対して値下がり103銘柄となり多くの銘柄が下げています。理由は、ファーストリテイリングとソフトバンクの2銘柄で日経平均を130円押し上げている為。更に、エーザイによる30円の押し上げを差し引くと63円高。これで納得。

〇移動平均線による影響
180712j4.png

200日移動平均線を突破するも75日線と100日線が上値抵抗に。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資をする上で危険なこと
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月11日 水曜日

本日の日経平均は、前日比264円安の21932円になりました。
米国株は143ドル高の24919ドル。

「米国株について」
引き続き、需給好転による買いで4日続伸。本日の相場は大きく動かず、24900ドル付近での揉み合いに終始しました。

米国株 日中足チャート
180711d.png

米国株 日足チャート
180711d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.58%高、ナスダックは0.04%高、S&P500指数は0.35%高。
主要3指数は揃って続伸しましたが、ハイテク比率の高いナスダックは控えめ。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
生活必需品 1.26%高、電気通信 1.13%高、公益 0.98%高。

下落率の高い順
金融のみ下落で0.37%安。

〇ダウ構成銘柄の動向
25銘柄が上昇、 4銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
P&G 2.52%高、ダウ・デュポン 1.59%高、ボーイング 1.53%高

下落率の高い順
ウォルグリーン 0.83%安、JPモルガン・チェース 0.62%安、ゴールドマン・サックス 0.50%安

〇需給関係による影響
連日書いています通り、この影響がとても大きいと考えています。
ある意味で分かり易い相場展開。

〇節目を前に上値重く
4営業日続伸で上げ幅が大きくなっているうえ、大きな節目となる25000ドルを前に上値が重くなっています。午前中に高値となる24945ドルまで買われますが、その後は24900ドル付近で揉み合い続けました。

買いが先行するも、戻り売り、一旦手仕舞い、利益確定、手控えで上値が重くなったと考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25050ドルで、下値は24800ドルになると考えています。
日本時間の午前中に公表された「関税リスト」に伴う米中貿易摩擦問題は含んでいません。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
米中貿易摩擦問題悪化を警戒する売りが先行。22000円付近で寄り付いた後も下げ止まらず、10時過ぎには安値となる452円安の21744円まで売られるところがありました。後場に入ると22000円を回復しますが、上値は重く264円安の21932円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180711j.png

日経平均 日足チャート
180711j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3208億円、売買高は13億6664万株。
値上がり銘柄数は485、値下がり銘柄数は1563、変わらずは51銘柄でした。

〇業種別
2業種が上昇、31業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、鉱業

下落率の高い順
ゴム、海運、繊維、機械、非鉄金属など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
昭和シェル石油 7.91%高、大日本住友製薬 3.37%高、住友大阪セメント 2.07%高、大塚HD 1.60%高、三井造船 1.47%高

下落率の高い順
ヤフー 6.48%安、ジェイテクト 6.14%安、エーザイ 5.57%安、リクルートHD 4.61%安、三菱倉庫 4.18%安

〇米中貿易問題再燃
トランプ政権が、中国からの輸入品に対して2000億ドル(約22兆2000億円)相当の新たな関税リストを発表。これに対して中国は報復を表明。

これが売り材料となり、10時過ぎには452円安まで売られるところがありました。

〇欧米市場下落への警戒感
関税リスト発表に伴う欧米市場下落への警戒感で大きく売られました。明日の欧米市場が大きく下げれば、明日の日本株にとっても大きな売り材料となりますから、先手を打って売り出す投資家とAIはいたはず。

〇不思議な急騰・・・危ない橋
米国を相手とした中国と欧州の貿易問題。最近は新たな展開無く静かでしたが、これで楽観視していた投資家とAIはいないはず。いつか再燃することは予測していたはずですが、不思議なことに3営業日で急騰。「危ない橋を渡っている」と少しだけ思っていました。

前場で452円も下げた背景には、直近の「騰がり方」も影響していたと思っています。
9日に書いていた内容です
----- ここから -----
売りを吸収せずに騰がり続けると、何かのキッカケでコケることも。
相場格言 「木を見て森を見ず」にならぬよう。
本日の大幅高は「棚から牡丹餅」という見方で良いと思っています。
----- ここまで -----

加えて、3営業日で急騰していたことも売りを誘った一つの要因。

〇投資をする上で危険なこと
急騰すると興奮する投資家が増えてきます。逆に急落すると恐怖を感じる投資家が増えてくる。
投資をする上で危険な事の一つに「冷静さを失う興奮と恐怖」があります。
株価の急騰と急落に振り回されないよう、注意したいこところです。また、振り回されない投資法で進めていくことも重要だと思い続けています。

〇3本線(壁)を下抜けた
180711j3.png

75日線、100日線、200日線を完全に下抜けました。
上値の壁ができ、需給関係は悪化。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日米共に内需関連株から外需関連株へ資金が移動
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月10日 火曜日

本日の日経平均は、前日比144円高の22196円になりました。
米国株は320ドル高の24776ドル。

「米国株について」
需給関係の好転で、午前中は右肩上がり。午後は高値揉み合いのまま320ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
180710d.png

米国株 日足チャート
180710d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.31%高、ナスダックは0.88%高、S&P500指数は0.88%高。
主要3指数が揃って大きく続伸。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
金融 2.32%高、資本財 1.81%高、エネルギー 1.48%高

下落率の高い順
公益 3.13%安、電気通信 1.42%安、不動産 0.92%安

〇ダウ構成銘柄の動向
25銘柄が上昇、 5銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
キャタピラー 4.11%高、JPモルガン・チェース 3.09%高、ゴールドマン・サックス 2.80%高

下落率の高い順
P&G 1.83%安、コカ・コーラ 0.54%安、ベライゾン 0.29%安

〇需給関係の好転
前日に書いていました通り、需給関係の好転が大きな買い材料になったと考えています。

180710d3.png

----- 前日に書いていた内容 -----
ローソク足では、下ヒゲが200日線を下回るも実体は200日線の上に乗りました。チャートは、24000ドルから揉み合いながら少しずつ下値を切り上げています。線の角度は、75日線が若干下を向いているも100日線は水平で200日線は上向き。(今の相場で影響が強くなっている)これらを総合的に考えると買い優勢。
----- ここまで -----

加えて、取引開始早々に75日線と100日線を上回ったことで(壁突破)、下値不安が後退(下値に壁ができた)。これが上値追いにつながったと考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25000ドルで、下値は24650ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
欧米市場の上昇が買い材料になるも、22300円を超えると失速。後場は再び上昇しますが、引けにかけて大口売りが出ると上げ幅縮小。終値は144円高の22196円になりました。

日経平均 日中足チャート
180710j.png

日経平均 日足チャート
180710j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆6087億円、売買高は15億2212万株。
値上がり銘柄数は932、値下がり銘柄数は1094、変わらずは73銘柄でした。

〇業種別
21業種が上昇、12業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、非鉄金属、電気機器、海運、機械など

下落率の高い順
電気・ガス、陸運、水産・農林、食料品、倉庫運輸など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
ヤフー 11.39%高、昭和シェル石油 9.65%高、安川電機 6.36%高、楽天 4.89%高、千代田化工建設 4.15%高

下落率の高い順
大日本住友製薬 4.08%安、関西電力 3.36%安、京王電鉄 2.81%安、中部電力 2.81%安、マルハニチロ 2.65%安

〇米国株高が買い材料
ダウ平均が320ドルも上昇したので、大きな買い材料になりました。

〇欧州株高も買い材料
イギリス(FTSE)0.92%高、ドイツ(DAX)0.38%高、フランス(CAC)0.42%高となり、3市場揃って上昇。
こちらも買い材料。

〇機械株が買われた
米国株では、機械株のキャタピラーが4%を超える暴騰。
これが好感され、機械株が買われました。
日経平均採用銘柄の機械株は全て上昇しています。

〇金融株も買われた
金融株のJPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックスが上昇率上位に並びました。S&P500指数では金融が上昇率トップ。
これが好感され、日本の銀行株が買われました。
日経平均採用銘柄の銀行株は2銘柄だけ下落。他は全て上昇。

〇円安で輸出関連株が買われた
株の上昇と連動するように円安へ。1ドル111円まで円安が進み、輸出関連株が買われました。
日経平均採用銘柄の自動車株は2銘柄だけ下落。他は全て上昇。

〇内需関連は軟調
S&P500指数の業種別では、低いものから公益、電気通信、不動産、生活必需品、上昇率が最も低いものはヘルスケア。
外需が強く内需が見送られたことを受け、日本でも同じ展開に。業種別でも内需関連の多くが下げています。

〇3本の移動平均線を突破
180710j3.png

75日線、100日線、200日線を突破。
3本線で形成された壁を突破したことで、下値に壁ができました。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

相場格言 「木を見て森を見ず」にならぬよう
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月9日 月曜日

本日の日経平均は、前週末比264円高の22052円になりました。
米国株は99ドル高の24456ドル。

「米国株について」
需給改善と良好な雇用統計を受けて、午前中に24500ドルまで上昇。午後は高値揉み合いのまま取引終了。

米国株 日中足チャート
180709d.png

米国株 日足チャート
180709d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.41%高、ナスダックは1.34%高、S&P500指数は0.85%高。
主要3指数が揃って続伸。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
ヘルスケア 1.45%高、情報技術 1.24%高、一般消費財 0.77%高
11業種全てが上昇しました。

〇ダウ構成銘柄の動向
23銘柄が上昇、 7銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルグリーン 1.47%高、マイクロソフト 1.40%高、アップル 1.39%高

下落率の高い順
キャタピラー 0.29%安、ダウ・デュポン 0.21%安、ナイキ 0.09%安

〇経済指標による影響
6月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比21万3000人増。
市場予想の19万5000人増を大きく上回っています。
また、4月と5月分は3万7000人の上方修正。

良好な雇用統計は買い材料になったと考えています。

〇ハイテク主導
ハイテク銘柄マイクロソフト、アップル、インテル、IBMが上昇率上位に並んでおり、業種別でも情報技術が大きく上昇。また、ハイテク比率の高いナスダックは1.34%高となり、ダウ平均の0.41%高とS&P500指数の0.85%高を大きく上回っています。

〇需給改善
180709d3.png

金曜日の株日記でも書いていましたが、強い抵抗線となる200日移動平均線を上回ったことで需給関係が改善。午前中の上昇につながったと考えています。

〇上値の壁
24500ドル付近に75日移動平均線、24600ドル付近に100日移動平均線が通っています。共に、今の株価より上にありますから上値抵抗線となりますが、100ドルしか違わないので壁。私の勝手な解釈ですが、線と線が接近する壁の方が抵抗は強くなると思っています。

前週末は24500ドルを超えると上値が重くなりましたので、やはり壁での戻り売りが多く出ている印象。

〇抵抗線の攻防
移動平均線だけを重要視しているわけではありませんが、今は影響が強いので無視することはできません。

買い優勢か
ローソク足では、下ヒゲが200日線を下回るも実体は200日線の上に乗りました。チャートは、24000ドルから揉み合いながら少しずつ下値を切り上げています。線の角度は、75日線が若干下を向いているも100日線は水平で200日線は上向き。(今の相場で影響が強くなっている)これらを総合的に考えると買い優勢。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24550ドルで、下値は24350ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
米国株高が買い材料となり、取引開始から30分で22000円を突破しました。その後、1時間ほど揉み合ってから上放れると、275円高まで上げ幅を拡大させて前引け。後場は高値揉み合いのまま、264円高の22052円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180709j.png

日経平均 日足チャート
180709j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆415億円、売買高は12億2088万株。
値上がり銘柄数は1649、値下がり銘柄数は390、変わらずは60銘柄でした。

〇業種別
30業種が上昇、2業種が下落、1業種が変わらず
上昇率の高い順
その他金融 2.06%高、金属 2.05%高、医薬品 2.05%高など

下落率の高い順
繊維 0.26%安、水産・農林 0.20%安

変わらず
陸運

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
エーザイ 16.34%高、太陽誘電 8.54%高、富士通 4.99%高、ソニー 4.44%高、TDK 4.19%高

下落率の高い順
日産自動車 4.56%安、大塚HD 3.65%安、東海カーボン 3.64%安、日立建機 2.54%安、三菱自動車工業 1.85%安

〇米国株高が買い材料
米国株の項で書いています通り、需給関係改善を好感する買いが入ったと考えています。米国株に先高感があれば日本株への買い材料。

〇ハイテク(半導体)が買われた
米国株ではハイテクが買われて、ナスダックが大きく上昇。
これを受けて日本のハイテクにも買いが入っています。

〇エーザイがストップ高
アルツハイマー病を対象とした新薬候補の臨床試験で良い結果が出たと発表され、前週末はストップ高。本日もストップ高となり、1銘柄で日経平均を56円押し上げました。

〇超のつく閑散相場
米国株高、ハイテクが買われた、エーザイがストップ高・・・良い材料を並べていますが、東証1部の売買代金は僅か2兆415億円しかありません。潜在的な売り圧力を残したまま大幅続伸しており、少し注意が必要かも。

売りを吸収せずに騰がり続けると、何かのキッカケでコケることも。
相場格言 「木を見て森を見ず」にならぬよう。
本日の大幅高は「棚から牡丹餅」という見方で良いと思っています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

貿易問題への懸念後退で世界同時株高
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月6日 金曜日

本日の日経平均は、前日比241円高の21788円になりました。
米国株は181ドル高の24356ドル。

「米国株について」
休み明けの米国株は乱高下しながらも大きく上昇。前半は200ドル近い上昇から前日値付近まで売られますが、V字で高値圏まで戻しました。後半は高値揉み合いから100ドル売り込まれるも、再びV字で高値圏へ。

米国株 日中足チャート
180706d.png

米国株 日足チャート
180706d2.png

主要3指数の動向
ダウ平均は0.75%高、ナスダックは1.12%高、S&P500指数は0.86%高
主要3指数が揃って大きく上昇

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
情報技術 1.5%高、生活必需品 1.5%高、不動産 1.4%高
エネルギーのみ下落 0.2%安

〇ダウ構成銘柄の動向
28銘柄が上昇、 2銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルグリーン 2.67%高、インテル 2.59%高、ジョンソン&ジョンソン 1.87%高

下落率の高い順
シェブロン 0.6%安、トラベラーズ 0.14%安

〇ハイテク(半導体)関連が買い戻された
先日、中国が半導体マイクロン・テクノロジーの販売を禁止したことで、同社の株価は急落。しかし、本日は状況が一変、マイクロンが「売り上げに対する影響は限定的」と示したことで、同社の株価は取引開始直後から3%近く急騰。その後も高値圏を維持して2.64%高で取引を終えました。

マイクロンの販売禁止を受けてハイテク(半導体)関連は軒並み売られていましたが、本日は買い安心感が広がると同時に、売り込まれていただけに押し目買いも入って軒並み上昇。業種別でも情報技術が大きく上昇しました。

〇欧米間の貿易問題への懸念が後退
グレネル駐ドイツ米大使がドイツ自動車大手のトップらと会い、欧米間による自動車関税撤廃を提案したと報じられました。また、ドイツのメルケル首相も関税を引き下げる用意があると示しています。

現在、EUから米国への自動車関税は2.5%、米国からEUには10%
トランプ政権はEUから米国への自動車関税を20%に引き上げると示していた為、撤廃が実現すればドイツの自動車メーカーは大きな打撃を回避することになります。

これを受けて、貿易問題への懸念から売り込まれていた外需が買い戻され、ハイテク(半導体)関連と一緒に相場を牽引。

〇内需関連も堅調
ハイテク(半導体)と外需が牽引するも、内需が売られているわけではありません。ダウ構成銘柄でも、ウォルグリーン、ジョンソン&ジョンソン、P&G、メルク、コカ・コーラ、ユナイテッドヘルスなどが上昇率上位に並んでおり、内需関連も堅調でした。

〇経済指標による影響
・6月のADP雇用統計では、民間部門の雇用者数が17万7000人増。
前月の18万9000人増から減少、市場予想の19万人も下回っています。

・6月のISM非製造業景気指数は59.1になりました。
前月の58.6から上昇、市場予想の58.3も上回っています。

ADP雇用統計は減少するも、失望されるほどではありません。
ISM非製造業景気指数は上昇するも、楽観されるほどでも無し。

・FOMC議事要旨
サプライズは無かったものの上げ幅を縮小させるところがありましたので、一部のAIが反応した可能性あり。その後は引けにかけてV字で買い戻され高値圏で取引終了。

〇200日移動平均線を上回る
僅かながら、200日線を上抜けました。
180706d3.png

強い抵抗線を上抜けたことで需給関係は少し改善したと考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24500ドルで、下値は24250ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
欧米市場の上昇が買い材料になるも、売りも大きく前場は乱高下。後場は大口買いが入る度に上げ幅を拡大させ、14時35分には高値となる320円高まで上昇しますが、最後の30分で売り込まれてしまい241円高の21788円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180706j

日経平均 日足チャート
180706j2

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆4273億円、売買高は13億9356万株。
値上がり銘柄数は1684、値下がり銘柄数は362、変わらずは52銘柄でした。
全体の8割が上昇しています。

〇業種別
27業種が上昇、6業種が下落
上昇率の高い順
医薬品、電気機器、卸売、ガラス土石、海運など

下落率の高い順
石油石炭、保険、空運、鉱業、小売、その他製品の6業種が下落

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
エーザイ 19.47%高、TDK 5.15%高、東海カーボン 5.13%高、双日 3.88%高、三菱自動車工業 3.84%高

下落率の高い順
日揮 2.36%安、昭和シェル石油 2.28%安、 東宝 1.84安、千代田化工建設 1.67安、日本通運 1.58%安

〇欧米市場の上昇が買い材料
ダウ平均は0.75%高、ナスダックは1.12%高、S&P500指数は0.86%高。
主要3指数が揃って大きく上昇し、買い材料になりました。

イギリス(FTSE)0.40%高、ドイツ(DAX)1.19%高、フランス(CAC)0.86%高。
とくにドイツは米国との自動車関税撤廃案が好感され、他と比べて大きく上昇。
欧州3市場の上昇も日本株への買い材料。

〇貿易問題の懸念後退で世界同時株高
米国株の項で書いています通り、自動車の関税撤廃が見えてきたことで欧米貿易問題に対する懸念が後退。また、トランプ政権が中国に対して関税を発動するも、既に周知されている事で織込み済み。後場の安値でも100円近い上げ幅を維持しました。

〇ハイテク(半導体)が相場を牽引
米国株の項で書いています通り、半導体のマイクロンが「販売停止でも売り上げに対する影響は限定的」としたことをキッカケとするハイテク(半導体)への買戻しは、日本のハイテクにとっても大きな買い材料になりました。また、米ハイテクと同じように、売り込まれていただけに押し目買いも多く入りました。
日経平均採用銘柄では上昇率上位にハイテクが並び、業種別でも電気機器が2位になっています。

〇エーザイがストップ高
アルツハイマー病を対象とした新薬候補の臨床試験で良い結果が出たと発表され、ストップ高に。エーザイ1銘柄だけで日経平均を56円押し上げました。
医薬品の個別銘柄は高安まちまちでしたが、エーザイの影響で医薬品が上昇率トップになっています。

〇意外にも内需は控えめ
ダウ構成銘柄では、ウォルグリーン、ジョンソン&ジョンソン、P&G、メルク、コカ・コーラ、ユナイテッドヘルスなどが上昇率上位に並んでおり、内需関連も堅調でした。これを受けて、本日は内外問わず買われると予想していたのですが・・・意外にも内需は控えめで下げる業種もありました。引き続き、内需から外需へ資金がシフトしている印象です。ただ、これは7月2日の株日記で書いていましたとおり「想定通り」です。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



ランキング

ランキングに参加しています。 クリックの数で順位が決まりますので、応援宜しくお願い致します。

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム