素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

世界同時株暴落
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

NEW twitter (ツイッタ―) 
こちらの株日記と同じ内容で更新してきましたが、2018年8月15日から独り言を書いています。
たまに読んでいただけると嬉しいです。
niko.gif @mm333m

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

10月11日 木曜日

本日の日経平均は、前日比915円安の22590円になりました。
米国株は831ドル安の25598ドル。

「米国株について」
取引開始直後から右肩下がり。26000ドル付近で一旦下げ止まるも、引けにかけて再び右肩下がりになりました。

米国株 日中足チャート
181011d.png

米国株 日足チャート
181011d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は3.15%安、ナスダックは4.08%安、S&P500指数は3.29%安。
主要3指数が揃って暴落。ナスダックは2年4ヶ月ぶりの下げ幅。

〇S&P500指数業種別
全ての業種が下落しました。
下落率の高い順
情報技術、通信、一般消費財

〇ダウ構成銘柄の動向
30銘柄全てが下落しました。
下落率の高い順
ナイキ 6.81%安、マイクロソフト 5.43%安、ビザ 4.77%安

〇ディフェンシブ性の高い銘柄が下げ渋り
全て下落していますが、マクドナルド、P&G、ホームデポ、ジョンソン&ジョンソン、ベライゾン、ウォルマート、コカ・コーラ、ウォルグリーンが1%台の下げで済みました。
一方で、積極的に売買され影響も大きくなるボーイング、アップル、マイクロソフト、キャタピラー、インテルなどが3%から5%の大幅安になりました。

〇予測できた激しい売買
----- 前日に書いていた内容です -----
一旦落ち着きましたが、再び激しい売買になるかもしれません。
まずは、前日までの流れを確認。
前週末のダウ平均は180ドル安になりましたが、過去最高値更新後の続落で値幅調整が進んだと考えています。本日も安値では224ドル安まで売られますが、その後は大きく買い戻されて39ドル高で取引終了。ローソク足は「下ヒゲの長い足」となり、押し目買い意欲の強さを示す展開になりました。

本日は、午前中に乱高下しますが、午後に入るとほとんど動かないまま取引終了。
この流れからみて、利益確定と押し目買いの激しいぶつかり合いから、疲れが出てきて一旦落ち着いた感じ。でも、このような流れの後に起こる落ち着きが必ずしも良いわけではなく、再び激しい売買になることも少なくありません。
----- ここまで -----

激しい売買が「買い」ではなく「売り」圧力強まる展開に。
取引開始直後から右肩下がり、この流れに連動するかのごとく売りが売りを呼ぶ展開に。そして、大きな節目となる26000ドルが下値抵抗になるも、それを下回ると見切り売りと失望売りが膨らみ更に下げ幅を拡大。結果は831ドル安と暴落しました。

〇値幅調整が一気に進む良い展開
831ドルも暴落したのに「良い展開」というのは不適切かもしれませんが、私はそう思っています。これだけ上昇してくれば潜在的な売り圧力を吸収する調整が必要ですし、下落は想定範囲内。但し、1日で831ドルの暴落は想定外でしたが。

〇とくに注視するところは無し
831ドルも暴落していますが「当然の調整が一気にやってきた」この程度に思っており、とくに注視するところもありません。このような時は深く考えず、日本株の検証に時間をかけたいと思っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は26000ドルで、下値は25000ドルになると考えています。
暴落直後の予想になりますので値幅も大きくとっています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・
投資の王道 好業績銘柄の押し目買い


「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
米国株の暴落と急激な円高を受けて売り先行。多くの銘柄が売り気配で始まり、値がついた後も売り優勢のまま914円安の22591円で前引け。後場は22500円付近で揉み合ったまま、915円安の22590円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181011j.png

日経平均 日足チャート
181011j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は3兆7587億円、売買高は19億5248万株。
暴落で売買が活発になり、大商い。
値上がり銘柄数は56、値下がり銘柄数は2050、変わらずは4銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
33業種全てが下落しました。
下落率の高い順
石油石炭、鉱業、機械、精密機器、非鉄金属など

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数1、値下がり銘柄数224でした。
225銘柄のうち、大和ハウス工業だけ0.21%高と僅かにプラス。

下落率の高い順
日本板硝子 9.91%安、ファナック 6.84%安、資生堂 6.65%安、JXホールディングス 6.52%安、TDK 6.23%安。日経平均が915円も下げている為、大幅安の銘柄がゴロゴロ。

〇米国株の暴落が大きな売り材料
ダウ平均は3.15%安(831ドル安)、ナスダックは4.08%安、S&P500指数は3.29%安。これだけ暴落すれば、とても大きな売り材料になります。

〇欧州も暴落
ドイツ(DAX)2.21%安、フランス(CAC)2.11%安、イギリス(FTSE)1.27%安。米国株が午後に下げ幅を拡大、この時間まで取引があれば3%を超える下げ幅になっていたと思います。よって、欧州が1%から2%の下落で済んでいるから日本も同じ程度で・・・と考えるのはよくありません。結果、日経平均は3.89%安になりました。

〇円高
1ドル112円まで円高進行。
急激な円高も大きな売り材料。

〇トリプルパンチで電機機器が売られた
ダウ平均の暴落、ナスダックはそれ以上の暴落、急激な円高。
トリプルパンチで電気機器が大きく売られました。

〇AI による機械的な売りもあったはず
AI およびプログラム売買でも、機械的な売りを出したはず。
海外の株価と為替による影響だけではなく、売り注文が増え、更にテクニカル的な悪化でも「売り」を誘発したのではないかと。

〇内需関連株は下げ渋る
外部環境の影響を受けにくい内需関連株は下げ渋り。全面安でも売り圧力は大きくならず。
業種別でも全て下げていますが、下げ幅の小さい業種から小売、空運、水産・農林、電気・ガス、建設、不動産と内需関連株が並んでいます。

〇世界同時株暴落
ダウ平均は3.15%安、ドイツ(DAX)2.21%安、フランス(CAC)2.11%安、イギリス(FTSE)1.27%安、中国株(上海総合)5.22%安、日経平均3.89%安、TOPIX3.52%安
世界同時で株価が暴落。

〇騰がり続ける相場は無い
181011j3.png

このような上昇になると強気ムードが支配してきます。
・日経平均は25000円まで上昇する
・まだまだ騰がる
・早く買わないと上昇に乗り遅れる
・強気なコメントも目立ってきます
・強気になる投資家も増えてくる

でも、こうなりました
181011j4.png

25000円どころか22500円まで暴落。
これが相場。騰がり続ける相場はありません。

〇9月からの上昇分を全て帳消しに
181011j5.png

加えて、下値抵抗として意識される25日移動平均線、75日移動平均線、100日線を割り込みました。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

やや落ち着いた外部環境を受けて自律反発
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

NEW twitter (ツイッタ―) 
こちらの株日記と同じ内容で更新してきましたが、2018年8月15日から独り言を書いています。
たまに読んでいただけると嬉しいです。
niko.gif @mm333m

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

10月10日 水曜日

本日の日経平均は、前日比36円高の23506円になりました。
米国株は56ドル安の26430ドル。

「米国株について」
午前中は26500ドル付近を上値とする乱高下。午後は動かなくなり、小幅な揉み合いのまま取引終了。

米国株 日中足チャート
181010d.png

米国株 日足チャート
181010d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.21%安、ナスダックは0.03%高、S&P500指数は0.14%安。
ナスダックが僅かながら反発。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
エネルギー、公益、不動産など

下落率の高い順
素材、資本財、金融など

〇ダウ構成銘柄の動向
13銘柄が上昇、 17銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルマート 2.52%高、シェブロン 1.59%高、アップル 1.39%高

下落率の高い順
ダウ・デュポン 3.67%安、ユナイテッド・テクノロジーズ 2.66%安、キャタピラー 2.54%安

〇ナスダックは微妙
直近高値から大きく調整していましたが、ようやく反発。但し、午前中に7799まで上昇するも前日値まで下げてくる「往って来い」になりました。午後は揉み合いながら僅か0.03%高で取引終了。これでは微妙。

〇一旦落ち着きましたが、再び激しい売買になるかもしれません
まずは、前日までの流れを確認。
----- 前日に書いていた内容です -----
前週末のダウ平均は180ドル安になりましたが、過去最高値更新後の続落で値幅調整が進んだと考えています。本日も安値では224ドル安まで売られますが、その後は大きく買い戻されて39ドル高で取引終了。ローソク足は「下ヒゲの長い足」となり、押し目買い意欲の強さを示す展開になりました。
----- ここまで -----

本日は、午前中に乱高下しますが、午後に入るとほとんど動かないまま取引終了。
この流れからみて、利益確定と押し目買いの激しいぶつかり合いから、疲れが出てきて一旦落ち着いた感じ。でも、このような流れの後に起こる落ち着きが必ずしも良いわけではなく、再び激しい売買になることも少なくありません。

〇先読みするのが難しい
上記しました理由から、先読みするのが難しいと思っています。
このような時は無理に先読みせず、日本株の銘柄検証などに時間をかけたいと思っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は26550ドルで、下値は26300ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・
投資の王道 好業績銘柄の押し目買い


「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
やや落ち着いた外部環境を受けて押し目買いが先行。9時16分には高値となる120円高まで買われますが、すぐ売り込まれてしまい23500円付近での揉み合いに。11時頃から右肩下がりになると、後場寄りでは安値となる96円安まで下げ幅拡大させました。その後は引けにかけて買い戻され、36円高の23506円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181010j.png

日経平均 日足チャート
181010j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆6330億円、売買高は13億4506万株。
値上がり銘柄数は1137、値下がり銘柄数は894、変わらずは79銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
24業種が上昇、9業種が下落
上昇率の高い順
鉱業、水産・農林、その他金融、電気・ガス、保険など

下落率の高い順
化学、パルプ・紙、情報・通信、輸送用機器、鉄鋼など

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数132、値下がり銘柄数89、変わらず4銘柄でした。
上昇率の高い順
東海カーボン 7.05%高、ユニ・ファミリーマートHD 5.04%高、丸井グループ 3.95%高、東宝 3.65%高、千葉銀行 3.43%高

下落率の高い順
J.フロント リテイリング 5.60%安、旭化成 5.51%安、ソフトバンクグループ 5.37%安、住友大阪セメント 3.21%安、三菱ケミカルHD 2.89%安

〇値幅調整後の押し目買い&やや落ち着いた外部環境を受けて押し目買い
直近高値から4営業日続落で値幅調整が進みました。そこで落ち着いた外部環境となり、押し目買いする投資家が増えたと考えています。

〇売りに押されるところもあり
買いが先行するも、後場寄りでは100円近く下げるところがありました。
押し目買いする力はあるも、売り出す力も相応にあり。

買われると売られ、売られると買われる相場展開でした。

〇銀行、商社、鉄道、商船、電気、ガスの上昇が目立ちました
日経平均採用銘柄は全て上昇しています。

〇機械と自動車が下落
機械株ではオークマ、アマダHD、小松製作所、日立建機などが下落。自動車では日産自動車だけ変わらず、他は全て下落しています。

〇2銘柄が大きく影響しました
ファーストリテイリングだけで日経平均を51円押し上げています。一方で、ソフトバンクGだけで54円押し下げました。

〇外部環境の変化に注視
利益確定と押し目買いの激しいぶつかり合いから、疲れが出てきて一旦落ち着いた感じ。でも、このような流れの後に起こる落ち着きが必ずしも良いわけではなく、再び激しい売買になることも少なくありません。ナスダックは微妙、ドル円相場は1ドル113円の攻防が続いています。
今は一服していますが、早々に動き出すはず。多くの投資家とAIは、この変化を待っている状態だと考えています。様子見する投資家とAIが増えたことで、東証1部の売買代金も2兆6330億円まで減少しました。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ナスダックと欧州市場の下落、円高、そこへ東証のシステム障害が重なり大幅安
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

NEW twitter (ツイッタ―) 
こちらの株日記と同じ内容で更新してきましたが、2018年8月15日から独り言を書いています。
たまに読んでいただけると嬉しいです。
niko.gif @mm333m

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

10月9日 火曜日

本日の日経平均は、連休前と比べて314円安の23469円になりました。
米国株は39ドル高の26486ドル。

「米国株について」
前週末の弱い流れが続いて売り先行。一旦前日値を回復しますが、お昼ごろには安値となる224ドル安の26223ドルまで売られるところがありました。午後に入ると右肩上がりになって、39ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181009d.png

米国株 日足チャート
181009d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.15%高、ナスダックは0.67%安、S&P500指数は0.04%安。
ナスダックの下げが止まらず3日続落。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
生活必需品、不動産、公益

下落率の高い順
情報技術、ヘルスケア、電気通信

〇ダウ構成銘柄の動向
18銘柄が上昇、 11銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルグリーン 2.26%高、ウォルマート 1.48%高、コカ・コーラ 1.31%高

下落率の高い順
ビザ 2.39%安、シスコシステムズ 1.27%安、マイクロソフト 1.14%安

〇ナスダックが大きく調整
ハイテク比率の高いナスダックが大きく調整しています。
直近高値の8100から5営業日で4.5%下落。本日は午後に買い戻されるも0.67%安となっており、ナスダックの弱さが目立つ展開。前週末に書いていましたが、「往って来い」が経験則通りになりました。
181009d3.png

〇半導体大手はそろそろ下げ止まるかも
半導体大手のインテルは前週末と比べて変わらず。週末にかけて下げていますが値幅調整の範囲内。マイクロン・テクノロジーは揉み合い下放れで弱含み。クアルコムは値幅調整ともいえますが、高値からズルズルと下げ続ける下落トレンドが続いています。テキサス・インスツルメンツは揉み合いからの下落トレンド。AMDは揉み合い下放れ。

概ね下げ基調ですが、値幅調整が進んだことで買い戻す動きも少しずつ増えてくるのではないかと。チャートでも下値抵抗が強くなってきそうな銘柄が増えてきました。

〇値幅調整からの買戻し
前週末のダウ平均は180ドル安になりましたが、過去最高値更新後の続落で値幅調整が進んだと考えています。本日も安値では224ドル安まで売られますが、その後は大きく買い戻されて39ドル高で取引終了。ローソク足は「下ヒゲの長い足」となり、押し目買い意欲の強さを示す展開になりました。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は26600ドルで、下値は26300ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・
投資の王道 好業績銘柄の押し目買い


「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
外部環境の悪化に加えて東京証券取引所のシステム障害が重なり、激しく乱高下しながら218円安まで戻して前引け。後場は安値圏まで売られた後、50円ほどの上下を繰り返しながら314円安の23469円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181009j.png

日経平均 日足チャート
181009j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は3兆380億円、売買高は15億6850万株。
値上がり銘柄数は247、値下がり銘柄数は1823、変わらずは40銘柄でした。
東証1部の9割が下げる全面安。

〇東証1部の業種別ランキング
1業種が上昇、32業種が下落
上昇率の高い順
不動産だけが上昇しました。

下落率の高い順
電気機器、輸送用機器、鉱業、ガラス土石、金属など

〇日経平均採用銘柄の騰落率
上昇率の高い順
ユニー・ファミリーマートHD 4.07%高、IHI 2.20%高、宝HD 1.50%高、三菱地所 1.38%高、住友不動産 1.37%高

下落率の高い順
SUMCO 8.97%安、三井金属 5.83%安、SCREENホールディングス 5.63%安、千葉銀行 5.48%安、安川電機 5.06%安

〇ハイテクにマイナス材料
ダウ平均は0.15%高、ナスダックは0.67%安、S&P500指数は0.04%安。ハイテク比率の高いナスダックが売られ続けています。これは日本のハイテクにもマイナス材料。円高と相まって、大きな売り材料になりました。業種別でも電気機器が最も大きく下げています。

〇円高も売り材料
1ドル113円まで円高進行。これは株売り材料になります。
とくに輸出関連株に売り材料となり、業種別では電気機器に次ぐ下げになりました。

〇欧州3市場の大幅安も売り材料
ドイツ(DAX)1.36%安、フランス(CAC)1.10%安、イギリス(FTSE)1.16%安。3市場揃って大幅安は売り材料。

〇東証のシステム障害
東証によると、午前7時頃に現物売買システムのアローヘッドと取引参加者を結ぶ4回線のうち1回線が接続できなくなったようです。この影響で、野村証券、大和証券グループ、三菱UFJモルガンスタンレー証券、SMBC証券などでは注文の受付や取り消しができない時間帯がありました(詳しい影響は、ご利用の証券会社にお問い合わせ下さい)。SBI証券、楽天証券などは通常通り売買できていました。

東証によると、一部の不具合によるもので大きな影響は無いと説明。
明日には復旧する見通し。

〇不安を利用した仕掛け的な売買
システム障害が起こると不安になる投資家は増えますし、フリーズするAI もあるでしょう。とくに前場では、これを逆手に取った仕掛け的な売買があったと感じました。不安を利用した売り仕掛けで更に株価は下落、そして行き過ぎたところで一気に買い戻す・・・これの連発により、前場は激しく乱高下したと考えています。

〇自分の投資に役立てるものは「外部環境の検証」
ダウ平均は反発するも過去最高値から調整中、ナスダックは大きく下げて値幅調整、ドル円相場は一気に円高へ。
検証するものはシステム障害ではなく、これらの外部環境だと思っています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

相場を冷静に見ることが、勝率アップにつながるのです
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

NEW twitter (ツイッタ―) 
こちらの株日記と同じ内容で更新してきましたが、2018年8月15日から独り言を書いています。
たまに読んでいただけると嬉しいです。
niko.gif @mm333m

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

10月5日 金曜日

本日の日経平均は、前日比191円安の23783円になりました。
米国株は200ドル安の26627ドル。

「米国株について」
前日までの強さから一転、本日は利益確定売りで午前中は右肩下がり。午後の安値では357ドル安まで売られるところがありました。その後は下げ幅を縮小させますが、上値は限られ200ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
181005d.png

米国株 日足チャート
181005d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.75%安、ナスダックは1.81%安、S&P500指数は0.82%安。
3指数揃って下落、ハイテク比率の高いナスダックが大幅安になっています。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
金融、公共事業の2業種だけ上昇しました。

下落率の高い順
情報技術、一般消費財、電気通信など

〇ダウ構成銘柄の動向
24銘柄が上昇、 6銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ベライゾン 1.34%高、トラベラーズ 0.96%高、JPモルガン・チェース 0.90%高

下落率の高い順
ナイキ 2.81%安、ホーム・デポ 2.40%安、マイクロソフト 2.07%安

〇上昇トレンド中で起こる当然の調整
本日の相場は利益確定売りが大きく影響したと考えています。
結果論になりますが、前日の「午後の失速と、上ヒゲの長いローソク足」でその兆候が出ていました。
比較的大きな下げ幅になりましたが、「上昇トレンド中で起こる当然の調整」なので失望する投資家とAIは少ないと考えています。実際に、安値では357ドル安まで売られますが、引けにかけて買い戻され200ドル安まで下げ幅縮小。先高感による押し目買いが入っています。

〇金融株が底固い
JPモルガン・チェースが0.90%高、ゴールドマン・サックス 0.13%安、バンク・オブ・アメリカ 1.43%高、シティ・グループ 0.36%高、ウェルズ・ファーゴ 1.63%高。 全体が大きく下げる中で大手金融株の上昇が目立ちました。

〇ナスダックの下げがきつくなりました
ハイテク比率の高いナスダックが大幅安。ダウ平均とS&P500指数よりも大きく下げました。マイクロソフト、IBM、インテル、アップルなどハイテク株が軒並み下落。他、アマゾン、グーグル、ツイッタ―、フェイスブックは全て2%を超える大幅安になっています。

チャートでは弱含み
181005d3.png

9月上旬に8100から7900まで下落した後、上昇トレンドとなり下旬には高値で8100を回復。そこから8000まで調整しますが上昇トレンド継続。しかし、本日の145ポイント下落で9月下旬の安値水準となる「往って来い」になりました。

大幅安に伴う押し目買いは入りそうですが、「往って来い」による失望売りと見切り売りが続けば続落する可能性もあり。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は26750ドルで、下値は26500ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・
投資の王道 好業績銘柄の押し目買い


「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
前場は、外部環境の悪化を受けた売りと押し目買いが交錯して乱高下。寄り付きから間もなく250円近く売られますが、押し目買いが入ると10時35分には高値となる47円安まで下げ幅縮小。しかし、その直後から大口売りが連発すると急落、190円安で前引け。後場も押し目買いで戻すも引けにかけて売り込まれ、191円安の23783円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181005j.png

日経平均 日足チャート
181005j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆7768億円、売買高は14億8905万株。
値上がり銘柄数は536、値下がり銘柄数は1506、変わらずは68銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
8業種が上昇、25業種が下落
上昇率の高い順
銀行、その他金融、証券商品先物、電気・ガス、保険など

下落率の高い順
非鉄金属、化学、鉱業、金属、海運など

〇日経平均採用銘柄の騰落率
上昇率の高い順
ユニー・ファミリーマートHD 4.67%高、千葉銀行 3.08%高、静岡銀行 2.82%高、日本電気硝子 2.51%高、ソニーFG 2.28%高

下落率の高い順
東ソー 5.92%安、千代田化工建設 5.04%安、古河電気工業 4.93%安、SCREENホールディングス 4.90%安、SUMCO 4.85%安

〇米国株の下落が売り材料
ダウ平均は0.75%安(200ドル安)、ナスダックは1.81%安、S&P500指数は0.82%安。ダウ平均は上昇トレンド継続中ですが、200ドルの下落は売り材料になりました。

〇ハイテク(半導体含む)が売られました。
ナスダックが2%近く下げました。米国株の項でも書いています通り、上昇トレンドで回復した分を全て帳消しにする「往って来い」。更なる下落も予想される中で、日本のハイテク関連株にも売りが波及。日経平均採用銘柄では、1銘柄が変わらず5銘柄が上昇、他21銘柄が下落しています。

〇円高も売り材料
1ドル113円後半まで円高進行。前日は114円50銭まで円安になっていましたが、一転して円高に。113円半ばから後半に戻していますが、株売り材料になりました。

〇自動車株にマイナス材料
米大手自動車株のGMは0.74%高と続伸、フォードは0.22%高と反発。
全体が大きく下げる中でこれなら上出来。但し、日本の自動車株には焼け石に水。

前日の日米相場は、9月の新車販売台数の落ち込みが嫌気されてGMとフォードが下落。日本車でも販売減少(トヨタ 10.4%減、ホンダ 7.0%減、日産 12.2%減)になりましたが、日本特有の買い材料として円安がありました。結果、日経平均採用銘柄では1銘柄を除く全ての自動車株が上昇。しかし、本日はGMとフォードが上昇しても日本特有の悪材料として円高あり。また、投資家心理(AI含む)が弱気そして利益確定に向かいやすい時なので、米国における9月の新車販売減少が再び売り材料視されたと考えています。日経平均採用銘柄では、マツダのみ変わらずで他は全て下落しました。

〇欧州市場の下落も売り材料。
ドイツ(DAX)0.35%安、フランス(CAC)1.47%安、イギリス(FTSE)1.22%安。3市場揃って下落、フランスとイギリスが大きく下げました。

〇外需関連株が売られて内需関連株が底固い
外部環境の悪化を受けて、外需関連株に売りが広がりました。一方で、外部の影響を受けにくい内需関連株がしっかり。その中でも、銀行株の上昇が目立ちました。日経平均採用銘柄では、銀行株が全て上昇しています。

〇弱気そして利益確定売りに向かいやすい環境
米国株の大幅安と円高を受けて、弱気そして利益確定に向かいやすい相場環境だと思っています。また、連休中のリスクを避ける為、手仕舞い売りも出たはず。更に、24000円超えを天井と判断した投資家とAI が売り続けている感じ。押し目買いも入りましたが191円安となり3営業日続落。

〇当然の調整(下落)で驚きは無し
前日に書いていた内容と重複します。
日経平均株価
181004j6.png

麗な上昇トレンドになっています。
24000円付近で一旦揉み合いますが、その後に上放れ。
こうなると、株サイトや株ニュースでも強気の見方、強気の発言が目立つようになります。
25000円のお話まで出てくると、とくに投資経験の浅い方だと「あと1000円も上昇するなら、買いだな」と判断される方もいらっしゃることでしょう。

でも、一歩下がって日経平均株価を3ヶ月で表示させると
181004j7.png

これだけ短期暴騰しているのです。
木(目先の短い期間)で見るとまだまだ上昇しそうですが、森(全体が分かる少し長い期間)で見ると凄く高いのです。

その結果
181005j3.png

3営業日で485円の下落になりました。
当然の調整(下落)で想定範囲内、そして驚きもありません。

昔の私は、株価が上昇し続けた時に出てくる強気の見方や強気の発言で「強気になって買い付け」。しかし、結果は天井掴み。高値からの下落なので下げ幅も大きくなり、あっという間に大きな含み損。そして、株価が下落し続けると弱気の見方や弱気の発言で「弱気になって損切り、投げ売り」。しかし、結果は底売りで株価はどんどん上昇へ。
こんなことを繰り返していました。

今回の下落が想定範囲内なら問題無し、でも予想外だったら強気の見方や強気発言に踊らされている可能性があります。
強気の見方や強気の発言、逆に弱気の見方や弱気の発言が多くなればなるほど、一歩引いて遠くから全体を見ることが大切。また、相場が熱を持っているように感じたら自分は熱冷まし。自分が熱くなっている時に勝負してはいけません。

相場を冷静に見ることが、勝率アップにつながるのです。
181004j4.png

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

相場が熱を持っているように感じたら自分は熱冷まし。自分が熱くなっている時に勝負してはいけません
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

NEW twitter (ツイッタ―) 
こちらの株日記と同じ内容で更新してきましたが、2018年8月15日から独り言を書いています。
たまに読んでいただけると嬉しいです。
niko.gif @mm333m

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

10月4日 木曜日

本日の日経平均は、前日比135円安の23975円になりました。
米国株は54ドル高の26828ドル。

「米国株について」
良好な経済指標が買いの勢いを持続させ、取引開始から1時間後には高値となる178ドル高の26951ドルまで買われました。その後、高値付近で揉み合い続けますが、午後に大口売りが連発すると上げ幅縮小。安値では僅か16円高になるところがありました。最後の30分で買い戻され、54ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181004d.png

米国株 日足チャート
181004d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.20%高、ナスダックは0.32%高、S&P500指数は0.07%高。
ダウ平均は過去最高値を更新、ハイテク比率の高いナスダックは2日前に高値付近まで上昇しましたが、前日は売りに押されて急反落。しかし、本日は再び買い戻されて上昇トレンド継続。S&P500指数はほぼ変わらず。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
エネルギー、金融、資本財

下落率の高い順
公共事業、生活必需品、不動産

〇ダウ構成銘柄の動向
15銘柄が上昇、 15銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
キャタピラー 2.20%高、ボーイング 1.53%高、インテル 1.37%高

下落率の高い順
P&G 1.58%安、コカ・コーラ 1.38%安、ウォルマート 1.14%安

〇経済指標
・9月のADP雇用統計では、非農業部門の雇用者数が23万人増。
市場予想を上回っています。

・9月のISM非製造業景気指数は61.6になりました。
現在の算出方法になってから最高となり、市場予想も上回っています。

良好な経済指標が買いの勢いを持続させ、取引開始から1時間後には高値となる178ドル高の26951ドルまで買われました。

〇ボーイングの押し上げ効果が大きくても、しっかりした上昇
ボーイングだけでダウ平均を40ドル押し上げています。これを差し引けば、ダウ平均は14ドルの上昇しかありません。

但し、上昇率でみるとボーイング、キャタピラー、アップル、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、インテル、ファイザー、シェブロンと主力どころが上位にずらりと並んでおり、しっかりした上昇であることが分かります。

〇午後の失速は想定内
3日続伸で上げ幅も大きくなったところへ大きな節目となる27000ドルに接近。こうなれば利益確定売りが出ても不思議ではありません。この為、午後の失速で失望する投資家とAIは少ないと思っています。

但し、上ヒゲの長いローソク足(大きく上昇した後に大きく売られている)が示す通り、利益を確定する動きが強まれば続落すると考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は26950ドルで、下値は26700ドルになると考えています。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・
投資の王道 好業績銘柄の押し目買い


「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
良好な外部環境を受けて買いが先行するも、右肩下がりになってしまい56円安で前引け。後場に入ると一段安、安値では187円安の23923円まで売られるところがありました。その後は買戻しが入るも最後の30分で再び売り込まれてしまい、135円安の23975円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181004j.png

日経平均 日足チャート
181004j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は3兆1077億円、売買高は15億9002万株。
値上がり銘柄数は800、値下がり銘柄数は1236、変わらずは74銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
21業種が上昇、12業種が下落
上昇率の高い順
銀行、石油石炭、保険、卸売、非鉄金属など

下落率の高い順
医薬品、化学、その他製品、サービス、不動産など

〇日経平均採用銘柄の騰落率
上昇率の高い順
日本板硝子 4.17%高、T&Dホールディングス 3.83%高、第一生命HD 3.36%高、三井E&Sホールディングス 3.31%%高、三菱UFJフィナンシャルグループ 3.13%高。

下落率の高い順
東急不動産HD 11.31%安、中外製薬 5.33%安、資生堂 4.73%安、丸井グループ 4.34%安、キッコーマン 4.15%安

〇逃げるが勝ち
良好な外部環境を受けて買いが先行するも、利益確定売りが優勢になりました。
24000円超えを天井と判断した投資家とAI が利益確定売りを出し続けている印象です。

181004j3.png

相場格言「梯子を外される」前に降りる、そして「逃げるが勝ち」そんな相場展開だと思いました。

〇銀行株が強い
日経平均採用銘柄の銀行株は全て上昇しました。
業種別ランキングでも1位です。

〇機械株と中国関連株にプラス材料
米国株では建設機械大手のキャタピラーが上昇率1位で2.20%高、ボーイングが2位で1.53%高。機械株と中国関連株の代表格が共に大きく上昇したので、日本株でも機械株と中国関連株が買われました。日経平均採用銘柄の機械株は3銘柄が下落、1銘柄が変わらず、他12銘柄が上昇。

〇自動車株が買い戻された
米国株ではGMが2.10%高と大幅反発。前日は自動車販売2ケタ減が嫌気されて2.63%安になっていましたが、大きく戻しています。フォードは0.76%安で続落。同じく2ケタ減が嫌気されて1.29%安になっていましたが、こちらは売られ続けています。
高安まちまちですが、GMとフォードにはない好材料「1ドル114円半ばまで円安進行」が買い材料となり、自動車株は1銘柄を除いて全て上昇しました。

〇石油関連株も買われました
原油価格が4年ぶりの高値を更新。これを受けて、米国株ではエネルギー関連株が上昇率トップになりました。ダウ平均ではシェブロンが0.46%高、エクソンモービルが0.36%安。
米エネルギー情報局発表の原油在庫は前週比800万バレル増となり、市場予想の4倍に。それでも原油価格は上昇しました(通常、在庫増は売り材料になります)。これは日本の石油関連株にプラス材料となり、業種別では上昇率2位でした。

〇内需関連株から外需関連株へ
外需関連株で上昇するものが多く、内需関連株は売られるものが多くありました。

〇相場は木を見ず森をみましょう
日経平均株価
181004j6.png

綺麗な上昇トレンドになっています。
24000円付近で一旦揉み合いますが、その後に上放れ。
こうなると、株サイトや株ニュースでも強気の見方、強気の発言が目立つようになります。
25000円のお話まで出てくると、とくに投資経験の浅い方だと「あと1000円も上昇するなら、買いだな」と判断される方もいらっしゃることでしょう。

でも2営業日で300円近い下落になりました。
日経平均株価を3ヶ月で表示させると
181004j7.png

これだけ短期暴騰しているのです。
木(目先の短い期間)で見るとまだまだ上昇しそうですが、森(全体が分かる少し長い期間)で見ると凄く高いのです。

昔の私は、株価が上昇し続けた時に出てくる強気の見方や強気の発言で「強気になって買い付け」。しかし、結果は天井掴み。高値からの下落なので下げ幅も大きくなり、あっという間に大きな含み損。そして、株価が下落し続けると弱気の見方や弱気の発言で「弱気になって損切り、投げ売り」。しかし、結果は底売りで株価はどんどん上昇へ。
こんなことを繰り返していました。

2営業日で300円ほどの下落が想定範囲内なら問題無し、でも予想外だったら木を見ている可能性があります。
強気の見方や強気の発言、逆に弱気の見方や弱気の発言が多くなればなるほど、一歩引いて遠くから全体を見ることが大切。また、相場が熱を持っているように感じたら自分は熱冷まし。自分が熱くなっている時に勝負してはいけません。

相場を冷静に見ることが、勝率アップにつながるのです。
181004j4.png

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



ランキング

ランキングに参加しています。 クリックの数で順位が決まりますので、応援宜しくお願い致します。

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

FC2

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム